ホームページの問い合わせを増やす

ホームページで集客するステップは次の3つです。

  1. ホームページを作る
  2. アクセス数(訪問者)を増やす
  3. 問い合わせを増やす←今ここ

ステップ3:問い合わせを増やす

アクセス数が増えてきたら、問い合わせを増やすことを考えます。

アクセスが多いのに問い合わせがない?

おおざっぱに言うと、100人見に来てくれたら1人体験レッスンに申し込んでくれます。

私が関わってきたホームページは50人〜200人見にきたら1人体験レッスン申込、という確率です。

 

もし訪問者が300人以上いるのに1人も体験レッスンに申し込んでくれないとしたら、ホームページの内容のどこかに問題があります。

問い合わせを増やす方法

httpではなくhttpsにする

ホームページのアドレスがhttpsではなくhttpで始まっている。

これはマズイです。

 

ChromeやSafariといったブラウザで開くと…

 

「安全ではありません」

「保護されていない通信」

 

などと表示されます。

こんなホームページ、安心して見ることができますか?

急いでhttps化(暗号化)を。

スマホ対応する

習い事のホームページは8割前後の方がスマホで閲覧します。

スマホ対応していなければ、拡大しないと字が小さくて読めません。

ストレスなく見てもらうにはスマホ対応必須です。

文字の大きさや色を考える

オシャレに見せようと、文字を小さく色を薄めにしているホームページを見かけます。

40代以上もターゲットにしている場合は注意が必要。

 

「おじさんには小さくて読めないんだよ〜!」

 

ターゲットが20代であれば問題ないかもしれませんが、40代以上には辛いんですよ。

小さくて薄い字が。

 

ウェブデザイナーは20代〜30代が多いですよね。

おじさんのことも考えてね。

デザインを整える

決しておしゃれすぎる必要はありません。

スッキリしていればOK。

最低限のデザインを整えましょう。

情報を整理する

  • 料金は?
  • 場所はどこ?
  • 先生はどんな人?
  • レッスンはどんな内容?
  • 内装はどんな感じ?

気になった時にすぐに情報が見つかるように、情報を整理しておきましょう。

運営者を明確にする

ニックネームだけでは信用してもらえない可能性大。

本名や会社名、教室名をはっきり記載しましょう。

場所をはっきり示す

「体験レッスンにお申し込みいただいた方には、正確な場所をお知らせします。」ってどうなんでしょう?

正確な住所を記載しましょう。

ホームページの目的をはっきりさせる

見にきてくれた人に何をしてもらいたいのか?

ホームページの目的は何なのか?

これをはっきりさせることが大事です。

  • 資料請求

    お客さんにとってハードルが低いですが、その後きちんとフォローする必要があります。

  • 見学会申し込み
  • 相談会申し込み
  • 説明会申し込み
    お客さんのハードルが低いのでおすすめです。私たちのスクールでも説明会を行っていました。
  • 体験レッスン申し込み
    スクールではこれが一般的です。
  • 入会申し込み
    ホームページを見ただけで入会申し込みというのはハードルが高すぎます。

大切なのは、してもらいたいことをはっきりさせることです。

差別化する

ただ単に「◯◯教室をやっています」では問い合わせにつながりにくいでしょう。

ライバルとの違いを明確に打ち出しましょう。

 

自分を選んでもらえる理由は何???

ターゲットを絞る

ターゲットを絞りましょうと提案すると、躊躇されるケースが多いのですが…

 

「怖がらないで!」

 

ターゲットを絞ることで「ここ、私にピッタリ!」と反応してもらえます。

リアルさを伝える

例えば、外国人のモノトーンの写真を多用したホームページ。

おしゃれに見えますが、リアルさがまったく伝わりません。

 

実際の先生や生徒さんなどの写真、動画をたくさん載せましょう。

文字より写真、写真より動画です。

ホームページ集客3つのステップまとめ

ホームページで集客するステップは次の3つ。

  1. ホームページを作る
  2. アクセス数(訪問者)を増やす
  3. 問い合わせを増やす
  • ステップ1の「ホームページを作る」のは簡単。でもステップ2や3を意識して作ることが大事。
  • 大半のホームページがぶち当たっているのが、ステップ2の「アクセス数を増やす」ところ。
  • アクセスが多いのに問い合わせが少ない場合は、ホームページの中身の問題。