集客できるvsできないホームページの違い

集客できるホームページの特徴

集客できるホームページの特徴は次の2つ

  • ホームページへのアクセス数が多い
  • ホームページからの問い合わせが多い

ホームページへのアクセス数が多い

ホームページに来てくれた人が問い合わせをしてくれる確率は1%程度と言われています。

  • 1人が問い合わせをしてくれるためには、100人のアクセスが必要。
  • 10人が問い合わせをしてくれるためには、1,000人のアクセスが必要。
  • 100人が問い合わせをしてくれるためには、10,000人のアクセスが必要。

ではアクセス数を増やすには?

主な方法は次の3つ

  • 広告
  • SNS
  • SEO

広告からのアクセスが多い

体験レッスンを1人獲得するための予算を決めて、予算内で収まるように運用できている。

SNSからのアクセスが多い

Instagram、Twitter、Facebookなどのフォロワーが多く、ホームページへの誘導が上手。

検索からのアクセスが多い

SEO対策をして、検索結果の上位に表示され、どんどんクリックされる。

ホームページからの問い合わせが多い

アクセス数が増えても何らかのアクションを起こしてもらえないと集客できません。

アクションとは、例えば「体験レッスン申込」などです。

 

集客できているスクールのホームページを数百件見て気付いたこと。

探したい情報がどこにあるのかわかりやすい

求めている情報がすぐに見つけやすい。

例えば、料金、場所、先生の紹介、コースの種類などは、すぐに見つけられる。

誰がやっているのか明確

運営者の氏名、写真、プロフィールなどが詳しくて、信頼できる。

場所が正確にわかる

住所はもちろん、グーグルマップなどを貼り付けている。

アクセス方法や駐車場なども詳しく説明されている。

スマホ対応している

当然のことながら、スマホ対応。字が大きく読みやすい。

 

ターゲットが絞れている

「◯◯に住む◯◯に困っている40代の◯◯な女性」

というように絞り込んでいて、

「あ、これ私にピッタリ!」

と反応してくれる。

差別化できている

他のスクールではなく、「私にはそのスクールしかない!」という決定的な理由がある。

料金に見合う価値を提供している

多少高くても、通ってみたいという価値をホームページ上で表現できている。

デザインに統一感がある

決して凝ったデザインではないけれども、スクールの雰囲気に合った統一感が感じられる。

写真や動画が多い

実際のレッスンの写真や動画が多く、スクールの雰囲気が感じられる

表示が速い

ストレスなく、サクサクと表示される。

マメに更新されている

ホームページは完成してからがスタート。

マメに更新して改善を繰り返していくことが大事。

ホームページ制作会社に気軽に更新を依頼できることが重要ポイント。

体験レッスン申込フォームがある

「体験希望の方は◯◯◯@gmail.comへご連絡ください」ではなく、必要な情報を得るためのフォームがある。

体験レッスン申込フォームがどこにあるのか見つけやすい

どのページを見ていても、すぐに体験レッスン申込ページへ行くことができる。

体験レッスン申込フォームの入力項目が適切

入力項目が多過ぎず、スマホでも入力しやすい。

集客できないホームページの特徴

集客できないホームページの特徴は次の2つ

  • ホームページへのアクセス数が少ない
  • ホームページからの問い合わせが少ない

ホームページへのアクセス数が少ない

ホームページに100人来てくれたら、1人が問い合わせしてくれる。

ざっくり言うと、そのような確率です。

1ヶ月に100人アクセスがないと、1件も問い合わせがないのも当然です。

広告からのアクセスが少ない

手っ取り早くアクセスを増やす方法は広告ですが、その予算がない場合、広告からのアクセスは望めません。

SNSからのアクセスが少ない

Instagram、Twitter、Facebookなど、なんとなくSNSをやっているだけではホームページに来てもらえません。

検索からのアクセスが少ない

いわゆるSEO対策をしないと、検索結果の上位に表示されず、ほとんどクリックされません。

ホームページからの問い合わせが少ない

アクセス数が増えても何らかのアクションを起こしてもらえないと集客できません。

アクションとは、例えば「体験レッスン申込」などです。

探したい情報がどこにあるのかわからない

求めている情報がすぐに見つからないと、すぐに去られてしまいます。

例えば、料金、場所、先生の紹介、コースの種類などは、すぐに見つけてもらえるようにしておく必要があります。

誰がやっているのかわからない

運営者のニックネームしか出していないスクールを目にすることがありますが、信用できますか?

場所がわからない

「体験レッスンにお申し込みいただいた方には詳しい場所をお知らせします」

よく見かけますが、どこにあるかわからないスクールに申し込む気になりますか?

スマホ対応していない

スマホで見ると字が小さい…。

拡大しないと見えない…。

すぐに去られてしまいます。

ターゲットが絞れていない

0歳から100歳までの男女歓迎!

では誰の心にも響きません。

差別化できていない

スクールの特徴は何ですか?

その特徴は他のスクールにはないものですか?

他のスクールではなく、そのスクールを選ぶ決定的な理由がありますか?

料金が高い

料金に見合う価値をホームページ上で表現できていますか?

デザインが素人っぽい

プロのようなデザインは必要ありませんが、、、

最低限のセンスは必要です。

  • テーマカラーはありますか?
  • 何色も使いすぎていませんか?
  • フォントを何種類も使っていませんか?
  • 写真や画像の大きさ(特 に 幅)は揃っていますか?
  • ロゴマークはありますか?
  • デザインの統一感はありますか?
  •    レイアウトが乱れていませんか?

デザインにこだわりすぎる

私も経験がありますが、デザインに凝り出すと沼にハマります。

ホームページを作る目的を見失わないように。

「アート作品を作る」のではなく「集客」ですね?

デザイン沼にハマらないように注意が必要です。

表示が遅い

表示が遅いと去られてしまいます。何秒も待ってはくれません。

どデカい大きさの写真などを貼り付けていませんか?

動画をそのまま貼り付けていませんか?

更新されていない

 

ホームページの完成以降、ブログ以外更新されていない。

これ、ほんとによくあるケース。

これでは集客できません!

 

ホームページは完成してからがスタート。

ブログではなく、ページを更新して改善を繰り返していくことが大事。

更新料金がかかるので、気軽にホームページ制作会社に依頼できないのは致命的です。

体験レッスン申込フォームがない

「体験希望の方は◯◯◯@gmail.comへご連絡ください」

何をどう書けばいいんですか?

体験レッスン申込フォームがどこにあるのか見つけにくい

どのページを見ていても、すぐに体験レッスン申込ページへ行くことができますか?

体験レッスン申込フォームの入力項目が多過ぎる

できるだけお客様の詳しい情報が欲しいところですが、入力項目が多過ぎると逃げらます。